@niftyトップ

トップ > ニュース > 2010年9月

『半次郎』プレミア上映会、西南戦争の激戦地・鹿児島県伊佐市にて開催。 前売券5,000枚完売の大盛況!榎木孝明、白石美帆らが舞台挨拶

Hanjiro
幕末維新、西郷隆盛の右腕として活躍した薩摩の侍、中村半次郎(桐野利秋)の生涯
を描いた映画『半次郎』(配給:ピーズ・インターナショナル)のプレミア上映会が、9月11日・12日の両日、西南戦争の激戦地・鹿児島県伊佐市にて開催された。

会場となったのは伊佐市文化会館大ホール。計6回上映のために用意された前売券
5,000枚は完売。上映に際しては舞台挨拶も行われ、伊佐市出身の榎木孝明、相手役の白石美帆らが登壇。会場を大いに沸かせた。

本作の企画者でもある主演の榎木孝明は「企画から13年、ついに完成した『半次郎』
の披露上映を故郷・伊佐市で迎えることが出来、感無量」
とコメント。「日本人の良さ、精神文化の美しさが描かれたこの作品を、伊佐市から
発信し日本全国さらには世界へと拡げていきたい」と語った。

半次郎を慕う京都の商家の娘役で出演した白石美帆からは「撮影中は、地元の方々か
ら、多くのお力をいただきました」という挨拶に続き「榎木さんをはじめ関わった方々の熱い想いが隅々にまでこもった作品で、観れば何か湧き出てくるものがある、大きな作品に仕上がりました」と語った。

本作は、西南戦争の大規模な会戦シーンや山中でのリアルな戦闘描写なども見どころ
の戦争スペクタクル大河ロマン。撮影は全て南九州(鹿児島・熊本・宮崎)で行われ、実際の戦跡も数多く登場する。時代劇初挑戦となるEXILEのAKIRAが魅せる圧巻の殺陣にも注目が集まっている。

その他共演陣に、津田寛治、坂上忍、永澤俊矢、北村有起哉、雛形あきこ、葛山信
吾、竜雷太など。
監督は『地雷を踏んだらサヨウナラ』『HAZAN』『アダン』『長州ファイブ』の五十嵐匠。
撮影・照明は『突入せよ!あさま山荘事件』『男たちの大和/YAMATO』『墨攻』の阪本善尚・大久保武志。
音楽は鹿児島出身、一昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」、来年の「江~姫たちの戦国
~」を手がける吉俣良。

9月18日(土)より九州先行公開。10月9日(土)より、シネマート六本木ほか全国に
て上映される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『桜田門外ノ変』の完成披露試写会!

Sakurada
9月7日(火)、10月16日から公開の映画『桜田門外ノ変』の完成披露試写会が丸の内TOEIにて行われた。
上映に先立ち、主演の大沢たかお(関鉄之助役)、長谷川京子(関鉄之介の妻・ふさ役)、加藤清史郎(関鉄之介の息子・誠一郎役)、柄本明(金子孫二郎役)、渡部豪太(佐藤鉄三郎役)、坂東巳之助(有村次左衛門役)、佐藤純彌監督が挨拶を行った。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)