@niftyトップ

トップ > ニュース > 「龍馬伝」レビュー(第10回 引きさかれた愛)

「龍馬伝」レビュー(第10回 引きさかれた愛)

雪降る中で龍馬に「私ができなかった生き方を探して欲しい」と別れを告げる加尾。 「さようなら」と繰り返す加尾を抱きしめるしかない龍馬・・・

江戸での2度目の剣術修行の終わりの日、千葉定吉(里見浩太郎)より北進一刀流の目録を受け取る坂本龍馬(福山雅治)。 定吉の「剣の道を究めたからには、人の道も己で切り開いていかねばならない。そこに坂本龍馬の生きる道が見えてくるはずだ」との言葉をかみ締める。 自分の想いを告げる千葉佐那(貫地谷しほり)は、「土佐にはかけがえのないものがあり、戻らねばならない」と返す龍馬に、別れの言葉を伝えるしかない。

土佐に戻った龍馬は家族に北進一刀流の目録を披露し、加尾(広末涼子)には道場を立てる夢、黒船を作り世界を旅する夢を語る。そして、「わしの女房になってくれんかい」「はい」・・・うれしさのあまり泣き出す加尾。しかし二人の幸せは続かない。

土佐藩参政に返り咲いた吉田東洋(田中泯)は前土佐藩主・山内豊信(近藤正臣)の意を受け、藩の改革を進める。土佐藩士全員が禄高を5割引き(給料半額!)にされ、同時に側用人・柴田備後(北見敏之)もお役御免になる。
役職を解かれて怒りをこらえきれない柴田に近づく武市半平太(大森南朋)は、土佐に攘夷の嵐が吹き荒れれば東洋も失脚するとし、京の攘夷派公家・三条実美(池内万作)に近づくという計画をたてる。三条実美の兄・三条公睦に嫁いだ山内豊信の妹・恒姫の世話係りに隠密を送り込むというものだ。

その隠密に加尾を推すのは平井収二郎(宮迫博之)。身分制度の中で虐げられてきた収二郎は、恒姫の世話係りという出世に妹・加尾の幸せを思うが、生涯京で過ごさなければならないという兄に、龍馬に嫁ぎ土佐を離れたくない加尾は、龍馬のもとに走る。
武市を訪れ、大事なものは命をかけて守ると剣に誓ったとし、加尾の話をなかったことにするように迫る龍馬。暗闇の中で二人の目が激しく火を噴き、幼馴染同士の想いはすれ違っていく。

戻ってきた竜馬が、「おまんはわしが守っちゃる」と加尾に告げる姿を見る姉・乙女。弟の成長を頼もしく、暖かく見守るまなざしは母のようだ。
翌日、今までの想い出を胸に加尾を待つ龍馬。だが、その龍馬に会いに出かけようとする加尾の前で、「どうしても龍馬と添い遂げるというなら腹を切る」と刀を手にする兄・収二郎を振り切ることはできない妹。

柴田家を訪れ、恒姫の世話係りになる覚悟を告げる加尾に対し、大声で呼びかけながら飛び込もうとする龍馬だが、加尾は自分で京に行くことを決めたと武市に告げられると、がっくりとひざまずき慟哭。
雪降る中で龍馬に「私ができなかった生き方を探して欲しい」と別れを告げる加尾。 「さようなら」と繰り返す加尾を抱きしめるしかない龍馬。

幕末という時代の流れの中で個人の幸せが翻弄される様子を、兄なりに妹・加尾(広末涼子)の幸せを願う平井収二郎(宮迫博之)と、弟・坂本龍馬(福山雅治)の成長を喜ぶ姉・乙女(寺島しのぶ)という二組の家族模様が描いていた。

【関連リンク】
大河ドラマ「龍馬伝」公式ページ
NHKオンデマンド

|

前の記事 : 原幹恵さんフォトギャラリー 「新撰組PEACEMAKER」  次の記事 : 中島愛里さんからコメントが届きました!「新撰組PEACEMAKER」日記 

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「龍馬伝」レビュー(第10回 引きさかれた愛):